オートガレージ

自動車鈑金、キズ、ヘコミなどの修理・塗装は南魚沼市のオートガレージにお任せください! ならし鈑金の技術講習も行っております

対応地域

南魚沼市近辺
30Km県内のお客様は無料で車両を引き取りに伺います。

 

お問合せはこちら

 

ブログ記事一覧

HOME»  ヤスリハンマーとハンダ鈑金

ヤスリハンマーとハンダ鈑金

 

従来の鈑金方法

従来の鈑金工法は、通常のハンマーを使い、「へこんでいる底に当て板を押し当て、凹み始める表面の山になっている面を叩く」というやり方が一般的です。

従来の鈑金工法の場合、凹んでいない表面の山の部分を叩くため、正常の面をわざわざへこませてしまうことになります。

     

 

ヤスリハンマーを利用した鈑金方法

そこで、この表面をヤスリハンマー利用して施工すると、凹んでる底に当て板を押し当てるのは同じですが、面積の大きいヤスリハンマーが、凹んでいない正常な面のみを叩き、その反動で当て板で押し当てた凹んでいる面が、ヤスリハンマーに吸い付くように出てきます。

この原理を利用して施工するのが、オートガレージの鈑金です。

     

 

ハンダ鈑金

ヤスリハンマーを利用した板金方法   色が変わっている所が、ハンダを盛って研いだ場所になります。